目立つ部分

下着姿の女性

ほくろの治療は専門医に任せることが大事です。医師によっては非常に熟練した腕のよい人もいます。腕のよい医師であれば、傷口も目立たなく回復もスムーズです。インターネットを活用してクリニックや医師の情報を把握する事が大事です。

詳しく見る

綺麗に取り除きたいなら

看護師

概ね5mm程度までの小さなほくろはレーザーで、それ以上のほくろならメスで切り取るのが基本であり、切開法は再発する懸念もないのが豆知識です。美容整形外科は仕上がりの美しさにも拘ってくれるため、目立つ部位のほくろでも安心して除去治療を頼めます。

詳しく見る

事前に知っておこう

顔に触れる女性

ほくろの治療ではレーザーを照射したりメスで切除、さらに炭酸ガスレーザーとメスを併用したりする方法等が選ばれています。美容整形外科は他の病院に比べるとより審美面を重視した治療が行われている為、傷跡がより目立ちにくいと言う特徴があります。

詳しく見る

美容整形で黒子を除去

ボディ

美容整形外科でのほくろ治療は、患者側の意向を最優先にした方法で処置してくれるうえ支払い方法もいろいろ選べます。その上でカウンセリングやメールでの相談が充実しているので、納得のいく方法でほくろの治療ができます。

詳しく見る

形状に合う施術方法を選ぶ

顔に触れる女性

ほくろの治療法はくり抜き法、切除縫合、レーザー治療の3種類に分けられ、形状に合わせ適切なものを選びます。仕上がりは医師の技術によるところが多いため、口コミで評判を調べるなどして慎重にクリニック選びをすることが大切です。

詳しく見る

クリニックはどう選ぶ

顔に触れる女性

クリニック利用の注意点

美容整形外科では、ほくろ治療も行っています。大抵のほくろはレーザーマシンによる焼却治療ですが、いぼのように突起して大きい状態のものは、メスで切開除去し縫合する方法を用いるのが一般的です。ほくろ治療を切除法にする目安は、患部が5mm以上であるかどうかです。ただ、縫合するときに周囲の皮膚が引っ張られることになるので、目や口の周りだと表情が少し変わってしまう可能性があります。その場合レーザーを選択するかもしれませんが、根が深い大きなものは一度では取り切れないため、複数回の施術が必要です。また、施術中は局所麻酔によって痛みはないものの、麻酔が切れた後に痛みや赤みが続く場合があります。施術の一週間後くらいに抜糸しますが、ほくろが大きいほど跡が残る確率が高くなります。皮膚がんの疑いがない良性のほくろは保険適用外となるので、費用は自己負担です。自費診療の場合、クリニックごとに料金を設定できます。法外な費用を設定しているクリニックはないに等しいでしょうが、初回のカウンセリングで見積もりを出してもらってから治療を受けるかどうか決めると安心です。ほくろ治療は、単純に除去するだけなら簡単です。多くの人にとって重要なのは、いかにきれいに、傷跡を目立たせないように除去してくれるか、ということではないでしょうか。ですから、ほくろ治療を美容整形外科で受ける場合は、できるだけ症例数の多いドクターにお願いしたいところです。特に切除法は外科手術の経験が豊富なドクターだと安心です。カウンセリングの際には、ほくろの状態に合わせた最適な治療法を提案してくれるか、その治療法によるデメリットを説明してくれるかどうかもチェックしましょう。傷跡の残りにくいレーザー治療であっても、数ヶ月程度は赤みが続くのが一般的です。また、人によっては周囲の皮膚よりツヤがある肥厚性瘢痕という状態になることがあります。こうした副作用についてもしっかりと説明してくれるクリニックは良心的と言えます。それから、施術に用いられているレーザー機器は、炭酸ガスレーザーかQスイッチレーザーのことがほとんどです。Qスイッチレーザーはほくろの色素を抜くだけなので、高い確率で再発します。そのため、炭酸ガスレーザーよりも多くの処置回数が必要になることがあります。それならば、始めから炭酸ガスレーザーを扱うクリニックを選ぶほうが賢明かもしれません。

Copyright© 2018 レーザーで手軽にほくろを治療【傷跡を目立たせない】 All Rights Reserved.