綺麗に取り除きたいなら

看護師

仕上がりにも拘ってくれる

大きさに関わらず、ほくろは美容整形外科へ行けば取り除いてくれますので、コンプレックスを解消できます。また、ほくろの基礎知識ですが、ほくろは母斑細胞の集合体となっており、メラニン色素の付き方次第では、黒のほか褐色や茶色になる場合もあるのです。そして、美容クリニックの治療では、ほくろの大きさによって施術方法が違うことも基本になっています。概ね5mmまでなど、比較的小さなものは、レーザーで蒸発させるように取り除いてくれるのです。施術前に麻酔をしてくれるので痛みはありませんが、患部の組織が消滅するため、基本的に保険は使えません。保険治療は患部の病理検査などが必要になるため、検査対象の組織が消えてしまうレーザー施術では対象外となる訳です。ただしレーザー施術は料金が安価ですので、無理に保険治療に切り替える必要がないことも豆知識になっています。一方、大きなほくろはメスによる切開法が有効となっており、メスで患部を切除しますから、再発する恐れもありません。健康上の問題など、単にほくろを除去するだけなら、通常の皮膚科で治療を受けても良いかもしれません。ですが、ほくろを綺麗に取りたいなら、美容整形外科で治療を受けた方が良いでしょう。美容整形外科は美容に特化した医療機関ですから、単純に治すだけでなく、仕上がりの美しさにも配慮してくれるのです。例えば切開法の場合、普通にカットして縫合すれば、縫い合わせた両端でたるみが生じてしまい、皮膚が盛り上がるケースもあります。これは自然に消えることも多いのですが、そのまま隆起が残ってしまう場合もあるのです。しかし、美容クリニックならこの症状が起きないように縫合してくれるなど、見た目にも拘ったほくろ治療が受けられます。さらに皮膚を縫い閉じる際は、肌のシワに沿うように調整することも多く、できるだけ傷が目立たないように配慮してくれるのです。美に対する追求はレーザー治療でも同じですから、顔や手足などの人目に晒される部位のほくろは、美容整形外科で取ってもらった方が安心できます。

Copyright© 2018 レーザーで手軽にほくろを治療【傷跡を目立たせない】 All Rights Reserved.