事前に知っておこう

顔に触れる女性

どんな施術か

肌にほくろがあるのはごく自然なことですが、その出来た場所や数によってはその人自身のコンプレックスとなり得ます。とはいえ、悩みの種となるほくろをそのままずっと残して大切にとっておく必要は一切なく、実際には取り除くことも十分可能です。その為、現在では皮膚科や美容皮膚科、美容外科等でその治療の為に除去手術を受ける人も多くなってきている状況です。ほくろ手術はそのサイズやその組織の状態がどの様になっているかで手術方法が変わってくる為、どの場合も同じ治療法で対応する訳ではありません。例えば、肌の表面に色が付いているだけで、さらにサイズが小さい場合はレーザーを照射するだけでも取り除く事が出来ます。サイズが大きくなってくるとレーザーを照射する回数が増すことも有りますが、基本的には1回照射するだけで、後は傷跡が目立たないようにする為に紫外線に注意するだけで済みます。肌の内側にも組織がある場合等は、メスを利用して切除する方法が取られており、この場合は切除後に縫合し、後日抜糸と言う形が取られています。この方法は大きなサイズのほくろにも対応する事が出来、さらに炭酸ガスレーザーと併用する方法で対応する場合もあります。現在、ほくろ自体は皮膚科や美容皮膚科、さらい美容整形外科などで取り除く事が出来るようになっている状態です。その中でも美容整形外科はその治療方法、さらに治療後の傷との状態等からほくろ除去を希望する人が多く訪れる病院となっています。美容整形外科の治療の大きな特徴は、他の病院に比べると、より一層審美面を重視した治療が行われていると言うことです。ほくろ自体は出来た部位によってはただ単に取り除くだけでなく、できるだけ傷跡を綺麗な状態にしておくことが重要視される事もあります。しかし治療法や、その後のケアによってはそれほど目立たなかったとしても、どうしても傷跡が残ってしまう可能性も否定できません。もちろん、傷跡自体は時間が経過すれば徐々に薄くなって行きますが、部位によっては何年たってもその傷跡がどうしても目立ってしまうこともあり得ます。その点美容外科は審美面を重視した施術となっているので、ただほくろを除去するだけでなくその後の傷跡のケアも丁寧に行われます。したがって、目立たない部分だけでなく顔やデコルテ等の目立つ部分に出来たほくろを除去する時にも選ばれています。

Copyright© 2018 レーザーで手軽にほくろを治療【傷跡を目立たせない】 All Rights Reserved.